2009/02/12

いきろ

最近ちょくちょく、生きてるものはやっぱり死ぬんだと、思わされる。
尊いかどうかは別にしても、はかない。
死ぬ時は大抵突然で、そしてあっけない。

でも、自分もそうであることまではあまり考えが至らない。

私はどうやって、いつ死ぬんだろう。
少し昔までは、そんなことを考えるのはすごく恐ろしいことだったのだけど。

今はまだ死ねないし、死にたくないけど、それは生に執着がまだあるからで
全部やりきってしまうまでに死んでしまうのは惜しいという意味で
怖いのとは、少し違う。

0 件のコメント: